残骨検査 – システムスクエア

西日本食品創造展に出展しているシステムスクエア( http://www.system-square.co.jp/ )さんで
骨片の検査を質問したら、たまたまHACCPの専門の方がいて、X線ではチェックできないので、
面倒だけど大手も目視で検査をしていますとのこと。
鳥などは小さいので解剖学的にどこに骨があるのか分かるので、
ありそうなところをチェックして見つけたら取り除く。
牛や豚など大きなものは、解体からやるのではなくて部位になるので、
一定の厚さでスライスして骨片があったら取り除くという作業をしているとのこと。

SXV4075C1W(残骨検査装置)

SXV4075C1W(残骨検査装置)

残骨検査装置の概要

魚のピンボーンや鶏胸肉を目視で検査可能。

画像が鮮明でキレイ

広い検査エリアと鮮明な画像で従来のX線検査機では不可能だった検査を可能にしました。
真鰺と秋鮭アサリ鶏肉ホタテ 異物

残骨 使用現場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

規格

W:防水(オールステンレス仕様)

形名 SXV4075C1W
検査品寸法  W350mm×L600mm×H90mm(参考値)
搬送重量  10kg
ベルト幅  470mm
検査エリア  ①2コマモード:W350mm×L600mm
②1コマモード:W350mm×L300mm
検査時間※  2コマモード:約6.5秒  1コマモード:約4.5秒
画像表示部  30インチモニタ(オプションで24インチモニタに変更可能)
構造 防水構造(コンベア部) IP66相当
パスライン  850mm±50mm
X線最大出力  管電圧(最大)50kv 管電流5.0mA ただし300W制限あり
使用環境  温度15~30℃ 湿度30~75% 結露しないこと
安全性  X線漏洩線量率 1μSv/h以下
質量  350kg
電源  AC200/220V±10% 2.0kVA 50/60Hz

※…ワークの搬送から合成画像表示までの時間。検査時間は画質、撮影枚数により異なります

外観図

※パトライト、USBメモリはオプションになります
X線残骨検査装置 http://www.system-square.co.jp/xray-inspection/sxv4075c1w残骨検査装置/

管理人

株式会社 阿九 の管理人です。何でも気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください