製造業関連知識リンク集

  • ココミテVol.2 – トラスコ中山

    オレンジブック用の基礎資料と考えてよいでしょう。昔、機械工具商連合会だったか、作っていたカタログがありましたが、それはメーカー便りでそのメーカーのカタログをそのまま持ってきている一般的な製品の規格表のようなものでした。長年、業界のカタログを作ってきたトラスコ中山が、デザインの統一と商品を理解して初心者にわかりやすく書かれているものです。暗黙知が必要なものではないのでよく出来上がっていると思います。

  • 商品知識まとめページ – モノタロウ

    ねじの基礎知識からモノタロウが取り扱っている分野を網羅するのかなと思うくらいです。まだ書きかけのもありますが、ざっと知識をチェックするにはいいと思います。

防爆LED灯具 – アール・シュタール

防爆LED照明器具の国内防爆検定を取得し、昨年の秋頃から国内のエンドユーザー様に製品の紹介を始め販売を開始いたしました。
この製品は2種危険場所で使用できる防爆LED灯で、蛍光灯直管タイプ20W、40Wに代わる製品です。

特徴としては軽量、長寿命、メンテナンスのし易さなど既存の国内メーカー製品と比較して優れた製品です。

弊社はドイツの防爆機器の専門メーカーアール・シュタール様の代理店です。
熊本の企業様でご興味のある方はご連絡ください。

有機溶剤やアルコール、また粉体を扱う企業様向きです。
また湿度の高い環境の食品工場様で照明器具のトラブルで困っていらっしゃるところでも使えると思います。

6402_防爆LED灯具_日本語カタログ
防爆灯

LENOX ユーティリティナイフ10771

ぼくの好きなナイフである。
通常はカッターナイフを買えば長く使える。
実際40年前に買ったOLFAのカッターを今でもたまに使っている。
しかしこのナイフは差し替えて2方向使えるようになっているので
OLFAと比べれば刃1枚で10回使えないけれど、
・刃にチタンコーティングがされている。
・刃が折れて飛ぶことがない。
10771は金属製の折りたたみ式である。
コンパクトでアウトドアでも使いやすいだろう。

ユーティリティナイフ

装置に付いている多様な裁断刃を製作する福田刃物工業

創業明治29年(1896)の福田刃物工業は装置に付いている多様な裁断刃を製作いたします。
装置メーカーも裁断刃を製作しているわけではありません。
現状の裁断刃でお困りのときはご相談ください。

紙・ダンボール加工用
紙・ダンボール加工用
我社は国内随一の断裁包丁製造メーカーです。紙・ダンボールはもちろんのこと、箔やフィルムなどを切断するあらゆる刃物を製作し、ご提供します。
詳細
リサイクル粉砕用
リサイクル粉砕用
プラスチックなどの破砕・粉砕は非常に過酷な条件で使用されます。それぞれの条件に合った特性・材質を提案し、安定した性能を発揮する刃物を製作し、ご提供します。
詳細
ゴム・樹脂加工用
ゴム・樹脂加工用
タイヤ・シートなどのゴム関連業界の原料・成形加工や樹脂加工で使用されるフィルムカッター、シートカッター、ペレタイザーなどの刃物を製作し、ご提供します。

詳細
鉄鋼加工用
鉄鋼加工用
一般的な鋼板を直線状に切断するシャーリングやお客様のご要望に合わせて異形状に切断するシャーリングの刃物を製作し、ご提供します。
詳細
食品加工用
食品加工用
肉類、魚類、野菜類、果物類など食品関連業界のあらゆる工程で使用される刃物を製作し、ご提供します。

詳細
その他の刃物
その他の刃物
お客様の使用用途に応じて刃物の材質、熱処理、形状を熟考し、優れた切れ味、耐久性のある刃物を提供します。

詳細
工作機械部品
工作機械部品
刃物の製造の経験を生かし、工作機械・産業機械向けの精密部品を小ロットから多ロットまで製作し、ご提供します。
詳細
刃物メンテナンス
刃物メンテナンス
お客様に合わせ歪や研削方法、追加工などを施し、新品同様の状態に刃物や部品をメンテナンスし、ご提供します。
詳細

レスキュースライダー – スギヤス

大きな災害のときは、停電になることが多いです。
最近の関西への台風、北海道の地震でも停電しました。
直近では千葉の台風でした。
そんなときはマンパワーに頼るしかない。
車椅子や寝たきりの人を安全に1階に降ろすことが出来ます。
このレスキュースライダーは必ずお役に立ちます。

レスキュースライダー

停電や災害などでエレベーターが止まってしまった時、お体の不自由な方、高齢者、負傷された方を安全に階段を避難させることが出来ます

緊急階段避難車「レスキュースライダー」お助けスライダー

 

  レスキュースライダー

停電や災害などでエレベーターが止まってしまった時、足の不自由な方や怪我をされた方と介助される方が一緒に安心して避難が出来ます。

【世界初の待機ブレーキ】

レスキュースライダー06

階段が混雑している時など、長時間階段に待機する場合があります。

そういった時でも、安心・安全な待機が可能です。

 

 

安心・安全

レスキュースライダー1

 

 

 

 

 

 

階段での介護は、背負ったり、タンカーで避難したりという事が一般的ですが、いずれの場合も要介護の方を持ち上げる必要があり、高層階での避難は、介護する方への負担が大きくもっとも危険な作業です。レスキュースライダーは危険な作業を安全で、しかも楽に避難して頂く事出来ます。

 

お客様の声

ご利用者の声

 

 

 

 

 

 

 

 

 

危機管理協会シーマのCMA認定商品

レスキュースライダー01

専用スタンド【オプション】

レスキュースライダー04 立て掛けて置いておく事ができます。

収納カバー【標準装備】

レスキュースライダー05

使用しないときに、本体に被せておくカバーです。

カバーには、操作方法が記載されています。

 

仕様表

寸法図

鈴木油脂工業 強力液体サビ落とし剤

サビ落とし剤は各ケミカルメーカーが取り扱っており、
錆落とし剤の基本がこのタイプです。
あと、錆落とし以外に酸性じゃなくて中性がよいとか、
条件が付加される度に価格が高くなります。
安価なのでまずこれを使ってみてそれから考えるのもありかと思います。

特徴

錆の程度により浸漬時間及び濃度を調整し、サビ取り後は水洗いをし、
防錆浸透剤を使用すると再発防止に効果的

使用方法

原液から100倍希釈まで有効。浸漬時間と希釈濃度を組み合わせることで、
必要に応じて錆を落とすことができる。
ひどい錆・・・原液を使用するか、希釈液を使用し浸漬し時間を長くする。
かるい錆・・・錆の程度に応じて100倍まで希釈して使用する。原液を使用すると短時間で錆が落ちる。
いずれの場合も使用後は、水できれいに洗い流す。

 

鈴木油脂サビ落とし.pdf

日本電産シンポ 無人搬送台車 S-CART

搬送をもっと自由に、簡単に。 FA(ファクトリーオートメーション)化の導入に!   
工場・物流・建築のみならず、オフィスやホテル・病院など、あらゆる場所でご活用いただけます。

日本電産シンポの無人搬送台車「S-CART(エスカート)」はレーザーセンサにより走行エリア内の特徴物による地図を作り、その地図を元に自己位置を推定しながら走行する無軌道搬送車です。ガイドレスだから工場内のレイアウト変更にも簡単に対応できます。また高さ20cmの低床設計で潜り込みが可能な為、多彩な使い方に対応できます。オプション仕様も対応しており、お客様の工場(施設)に合った導入をご提案致します。またサービス体制も万全で、導入後も安心して運用いただけます。

■S-CART:搬送重量100kg
■S-CART1000:搬送重量1000kg

特長

  • ガイドレス走行
  • タブレットによる簡単操作
  • 連続稼働時間8時間
  • 多彩な使い方に対応出来る低床設計
  • IoT対応、通信機能(WiFi/Bluetooth)搭載

 

 

全ページを見たいとき

azbil スマート・デバイス・ゲートウェイ NX-SVG

メーカー・機種を問わず198台の機器を相互接続でき、
10種類以上の通信プロトコルを同時に実行できます。
 
転送元と転送先のアドレスを書くだけでOKです。
PLCや接続機器では通信プログラムレスで機器間の相互データ交換を実現できます。
 
【3つのポイント】
 ・古い機器も新しい機器も自由自在に通信接続できます。
 ・PLCで通信プログラムを全く書かずに、専用ツールで簡単に設定できます。
 ・通信不具合が起こっても、PC画面で原因箇所がわかりすぐに発見できます。

 


NX-SVG(ページ全体を見る)

特定ユーザー向け型番

最近、立て続けに特定ユーザー向け型番で見積も出なかったことが続きました。
管理が甘いメーカーは、見積が出た後で、特定ユーザー向け型番で見積が出来ないと言って来ることもあります。

一般製品と前の型式は同じだけど末尾に特定ユーザー向けの記号を割り当てていることが多いようです。
慣れているメーカーのものであれば、特定型番ですとすぐ分かります。

特定ユーザー向け型番には、二種類あって、

①セットメーカー(装置メーカー)とメーカーが仕様を決めたもの
②最終ユーザーがメーカーと打ち合わせて仕様を決めたもの

どちらもユーザーがOKすれば商流は変えられると思いますが、
いままでの商流の了解を得なければならないのでとても面倒くさいので、
メーカーから特定ユーザー向け型番ですと言われたら
「はい、分かりました。」と言ってそれ以上は追求しないようにしています。

昔は図番があるものを売上欲しさで、
メーカーの地方の担当に図面を引いて貰って別の図番を割り当てて商流を変えたりしていましたが、
そういうことに対してメーカーの社ルールも厳しくなりました。

たまに標準品なのに、特番を付けるというやり方はまだまかり通っているかもしれません。
過去に特番を付けてユーザーに見積を出して他の商社に取られたことがあります。
大変な思いをして見積もりを出しているのに、
他の商社から黙って買うような所とお付き合いしたくはありません。
ですから、いまはそんなことはしません(^.^)

できるだけオープンにお付き合いしたいです。