ディスクグラインダのX-LOCKシステムとは

ボッシュがX-LOCK採用ディスクグラインダーを2019年10月に発売した。
従来のボルトにディスクを嵌めて固定ナットを締め付けるという面倒な作業がない。
ワンタッチで装着でき、出っ張りも小さくなるというメリットがある。
マキタも賛同してX-LOCKシステムのディスクグラインダーを発売している。
但し、従来のディスクは装着できないので専用ディスクの購入が必要である。

20~30年前、桝瀬という研磨材のメーカーが専用アタッチメントを作って、
研磨ディスクが簡単になるディスクを販売していたことがあり、
商社のNaiToやトラスコ中山もOEMで販売していたことがある。
頻繁に交換しなければならないのならワンタッチで交換できるシステムは重宝する。

ディスクグラインダーにはオフセット砥石、研磨ディスク、切断砥石、ヂスクペーパー等
バリエーションが多いので、旧タイプかX-LOCKシステムのグラインダーにするかは注意が必要です。

 
 

管理人

株式会社 阿九 の管理人です。何でも気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください