スプリューとエンザート

アルミの母材にタップを立ててネジを直接締め付けることがある。アルミの母材に立てた雌ネジにボルトを締め込んだり緩めたりするとアルミの方の雌ネジが駄目になって、雄ネジの締め付けができなくなる。そのために、

スプリュー
エンザート

上記のものを使う。(日本スプリューとKVKが取り扱っているものが一般的である)

スプリューは母材にした穴を開けて、スプリュータップを立て、ネジと長さに応じたスプリューを挿入工具を使って押し込む。
スプリューが駄目になれば、新しいスプリューを入れればよい。

エンザートは雌ネジが出来上がったナットです。下穴を開けたらそのまま母材を削り込んでねじ込む。そういう方法なので外してもう一度使用することを前提としていない。

では、スプリューのタップで立てた雌ネジが駄目になったら、
エンザートのネジが駄目になったら、
このようなこともよく起きる。

ネジ穴を大きくできる場合は、新たに取り付けるようにワンサイズ大きいネジを作ればよい。
ネジをそのままで行きたい場合は(大抵スペースの関係でこの場合が多い)、
デブコンのようなもので穴を完全に塞いでから新たにした穴から始めればよい。

ちなみに、聞いたところに寄るとエンザートの取り外し方は、平たがねをたたき込んで取り付けた砲攻と反対方向に回せばいいとのこと。メーカーに聞かなければ分からないことでした。

管理人

株式会社 阿九 の管理人です。何でも気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください